2022年に武力紛争勃発のおそれがある地域が発表

© Sputnik / Stringer / フォトバンクに移行2022年に武力紛争勃発のおそれがある地域が発表
2022年に武力紛争勃発のおそれがある地域が発表 - Sputnik 日本, 1920, 08.01.2022
フォローするGoogle news
フランスのジャーナリスト、アラン・フラション氏が、2022年に武力紛争が勃発するおそれのある地域を「ル・モンド」紙に発表した。
同氏は、こうした地域の1つとしてイランの名を上げた。核協定に関する交渉が再開されたが、進展はほとんどなく、妥協の余地はますますなくなっている。
次に、「危険」な地域として台湾が上げられた。同氏によれば、中国が台湾に対する画策を図っているという。米国政府は、それにより同島への「干渉」が行われるおそれがあると見ている。
同氏が懸念する地域としてウクライナもリストアップされた。この間、西側メディアとウクライナ政府は、定期的に同国への「侵略」を用意しているとしてロシアを非難している。これに対しロシア政府は、こうした批判は、ロシア国境付近に北大西洋条約機構(NATO)軍を増強する口実のためでしかないと見ている。
関連ニュース
米国で第3次世界大戦の地図が作成
台湾と米国の共謀が第3次世界大戦を誘発するおそれ-グローバル・タイムズ紙
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала