登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Флаги США и России - Sputnik 日本, 1920
2022年の露米間の戦略対話
 ロシアが提案した安全保障に関する米国との条約案及びロシアとNATO加盟国の協定案に関する露米協議は、ジュネーブで10日にスタートする。

露米協議 西側の観測筋が結果を予想

© Sputnik / Sergey Guneev  / フォトバンクに移行プーチン大統領とバイデン大統領
プーチン大統領とバイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 10.01.2022
フォローする
 英紙ガーディアンは複数の観測筋を引用し、今週予定されているロシアと米国、北大西洋条約機構(NATO)、欧州安保協力機構(OSCE)との協議について、重要で具体的な結果が得られる可能性は低いとの見解を報じた。
ガーディアンは「外交観測筋の中で、今週の危機解決に関する迅速な取り決めに期待している人は少なく、その反対に、完全な失敗に終わる可能性がある」と報じた。
一方、同紙は、ロシアと西側には、NATOの東方拡大とウクライナのNATO加盟の問題について妥協する可能性がまだ残っていると指摘している。
バイデン米政権とNATOのストルテンベルグ事務総長は、「ウクライナのNATO加盟を認めないように求めるロシアの要求に応じる可能性」を除外した。ガーディアンは、ウクライナは将来的にNATOに加盟すると言えるかもしれないが、そのために克服しなければならない多くの障害があることを考慮すると、そのプロセスは長引くだろうと報じている。
La Russie appelle les USA à enquêter sur la violation des droits des enfants - Sputnik 日本, 1920, 03.01.2022
核大国5か国が共同声明 世界の核兵器のこれ以上の拡散は阻止されねばならない
ガーディアンによると、米ニューヨーク大学の政治学者、ラジャン・メノン氏は、協議では欧州における軍事演習、ミサイル、部隊の制限などについて合意する可能性があるとの見方を示している。
同氏はまた、ロシアは「近い将来にウクライナがNATOに加盟することはない」という約束や、「ウクライナに攻撃兵器(戦闘機、ミサイル、米国の基地)を配備しないという保証」を得ることができるが、「ロシア側がこれを書面に残すことを主張するかどうか? これが最も難しい」と強調した。
さらにメノン氏は「現在の政治的現実を考慮した場合、私は取り決めがなされると確信しているのだろうか?ノーだ。完全にノーだ。これは非常に、非常にリスクを伴う」と述べた。
ロシアのリャプコフ外務次官は9日、翌10日に予定されている米国との協議を前にジュネーブで9日に行われた会談について、困難なものだったが実務的だったと指摘した。同氏は記者団に「明日は時間を無駄に費やすことにはならないと思う」と述べた。
報道によると、ジュネーブで10日に露米間の戦略対話が行われ、12日にはブリュッセルでロシアNATO理事会が開催され、13日にはウィーンでロシアとOSCEの会合が開かれる。
関連ニュース
米国政府、カザフスタンの反政府活動に対する関与を否定
日米2プラス2が開催 同盟の現代化などを確認
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала