登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Флаги США и России - Sputnik 日本, 1920
2022年の露米間の戦略対話
 ロシアが提案した安全保障に関する米国との条約案及びロシアとNATO加盟国の協定案に関する露米協議は、ジュネーブで10日にスタートする。

NATOの東方不拡大はロシアにとって絶対的条件=露外務次官

© Sputnik / Mikhail Voskresenskiy / フォトバンクに移行リャプコフ外務次官
リャプコフ外務次官 - Sputnik 日本, 1920, 11.01.2022
フォローする
ロシアのセルゲイ・リャブコフ外務次官は、安全保障に関して行った提案と、アントニー・ブリンケン米国務長官が中距離核戦力全廃条約(IRNFT)に関して発出した声明の間にはいかなる矛盾もないと指摘しつつ、問題はより複雑であることから、ミサイルのテーマだけを取り扱うわけにはいかないと発言した。
ジュネーヴでの会談前日、米国務長官は声明を発表し、合衆国とロシアの代表団は中距離・短距離ミサイルの合意復活に向けた基礎作りを行う可能性があるとしていた。
ロシアと米国の旗 - Sputnik 日本, 1920, 11.01.2022
2022年の露米間の戦略対話
ジュネーブの露米交渉 ロシアの安全の保証の提案を米国は真剣に受け止めた
リャブコフ外務次官はリアノーボスチ通信の取材に応じた中で、ロシア側は合衆国との対話において北大西洋条約機構(NATO)の東方拡大、及びロシアの国境付近におけるミサイル基地の建設は受け入れられないとしていたほか、NATOの同盟関係を1997年の状態に回帰させることが絶対条件であるとした。リャブコフ外務次官は次のように発言した。
ロシア連邦が目指しているものと合衆国側からの声明の間に矛盾はない。しかし、問題は相変わらず次の点にある。こうした合意が扱う規模が如何なるものなのか、そしてこれは我々の場合において、一連の主要なアスペクトのより広範な決定を構成するエレメント、一部、コンポネントとなるのか。我々はIRNFTだけを扱い、それにばかり取り組んではいられない。
NATOの不拡大というテーマに対し、合衆国側から深刻な反対があったことは驚くに当たらないとも外務次官は発言した。
「NATOの不拡大というテーマ、そしてこの点に関する法的な義務を確保することに対し、米国側から深刻な反発があったことは驚くに当たらない」、このようにジュネーブで開催された安全保障に関する交渉の結果についてリャブコフ外務次官は締めくくった。
関連ニュース
露米協議 西側の観測筋が結果を予想
駐米ロシア大使「米国がカザフスタンの危機に加担」=ニューズウィーク
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала