オーストラリア国境警備当局 ジョコビッチ選手の入国書類の有効性について調査へ

© REUTERS / Robert Deutsch / USA TODAY SportsСербский теннисист Новак Джокович на турнире US Open 2021
Сербский теннисист Новак Джокович на турнире US Open 2021  - Sputnik 日本, 1920, 11.01.2022
オーストラリア国境警備隊が、全豪オープン出場のため入国を希望するセルビア人テニスプレーヤー、ノバク・ジョコビッチ選手が入国書類に記載した情報が正しいかどうかを調査することが明らかになった。豪紙「オーストラリアン」が11日に報じている。
同紙は、ジョコビッチは「メルボルン到着前の14日間に海外旅行をしていないと入国書類に記入しているが、これは虚偽である」と報じている。11日に公開されたオーストラリア連邦裁判所の判決文書によると、ジョコビッチは入国書類で過去2週間に旅行に行ったかどうかに関する項目で「いいえ」にチェックを入れていた。入国時に虚偽を申告したことが判明した場合、ビザが取り消され強制送還されるだけではなく、刑事訴追を受ける恐れがある。また報道によると、このような違反を行うと、最長で12ヶ月の禁固刑に処される可能性がある。
Игрок «Манчестер Юнайтед» Криштиану Роналду в матче с «Ньюкаслом» - Sputnik 日本, 1920, 10.01.2022
ロナウド マンチェスター・ユナイテッドからバルセロナへ移籍の可能性
ジョコビッチは5日の夜、新型コロナウイルスワクチン接種の免除を証明する医療書類をオーストラリア国境警備隊に提出しなかったため、豪メルボルン空港で拘束された。この入国手続きで、ジョコビッチのビザは無効とされた。ジョコビッチは、この決定を覆すべく豪連邦裁判所に控訴し、10日に勝訴していた。
全豪オープンは、1月17日から30日までメルボルンで開催される予定。
関連ニュース
セルビア外務省、ジョコビッチの扱いを巡り豪大使に抗議
テニスのナダル 豪入国ビザが取り消されたジョコビッチに「接種すればプレーできる」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала