北朝鮮、極超音速ミサイル発射実験成功と発表 金正恩氏も視察

© Sputnik / POOL / フォトバンクに移行金正恩氏
金正恩氏 - Sputnik 日本, 1920, 12.01.2022
フォローするGoogle news
朝鮮中央通信は12日、北朝鮮は11日に極超音速ミサイルの発射実験を行い、その弾頭部は1000キロメートル先の標的に命中し成功したと伝えた。発射実験は金正恩総書記も視察したという。
北朝鮮は11日午前7時27分ごろ、日本海に向けてミサイル1発を発射した。韓国軍合同参謀本部は、ミサイルは700キロメートル飛行し、最大速度はマッハ10に達し、最大高度は60キロメートルだったと発表した。
朝鮮中央通信は「金正恩同志は1月11日の極超音速ミサイルの発射実験を視察した。実験は再び成功した。極超音速ミサイルの弾頭部は600キロメートル先で分離し、旋回しながら1000キロメートル先の海上の標的に命中した」と報じた。
北朝線ミサイル - Sputnik 日本, 1920, 11.01.2022
北朝鮮の飛翔体、約700キロ飛行 国連声明直後に発射か
金正恩氏は、国防分野における5カ年計画の主要目標の1つであるミサイルの生産は「大成功」だとし、ミサイルの開発者や技術者などに謝意を表したという。
北朝鮮によるミサイル発射実験はこれで今年2回目。5日、同国北部の慈江道からミサイルが発射された。北朝鮮は、ミサイルは700キロメートル飛行し、「標的に誤差なく命中した」と発表した
韓国軍は、極超音速ミサイルを発射したとする北朝鮮の主張は「誇張されて」おり、事実に即していないとの見解を示した。5日に発射されたミサイルは、高度50キロメートル、速度はマッハ6で700キロメートル飛行したと報告されたため、韓国政府は弾道ミサイルとして分類した。
関連ニュース
欧米、北朝鮮に外交的対話を呼び掛け=米国連大使
日米「2プラス2」 中国と北朝鮮の行動に懸念を表明
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала