米国 スウェーデンとフィンランドのNATO加盟を望む

© AFP 2022 / Justin TallisNATO
NATO - Sputnik 日本, 1920, 12.01.2022
フィンランドとスウェーデンから北大西洋条約機構(NATO)への加盟申請があれば、米国はこれを喜んで検討すると常々発言している。ビクトリア・ヌーランド米国務次官が12日の記者会見でこのように述べた。
ヌーランド氏は記者会見で、「私はこれまで5つの米政権で働いてきた。フィンランドとスウェーデンがNATOに加盟する可能性について話をしたいのであれば、いつでもその用意があると我々は常々発言している」と述べた。
ロシアと西側諸国がウクライナ国境付近にロシア軍が集中している状況をめぐり論争を繰り広げる中、フィンランドとスウェーデンのNATO加盟の可能性に関する論議はここ数種間、活発になされている。
U.S. State Department Spokesman Ned Price speaks during a news briefing at the State Department in Washington, Thursday, Feb. 25, 2021. - Sputnik 日本, 1920, 11.01.2022
2022年の露米間の戦略対話
米国、ロシアとの新たな交渉に期待=米国務省
またヌーランド氏は、ロシアがどれくらいの期間、ウクライナ付近に大規模な部隊を維持する余裕があるのかについては予測を立てていないと述べた。
これよりも前、米国側はジュネーブで行われた露米会談でロシアが提案した安全保障について書面で回答することを約束した。一方、ロシアが最も関心を寄せているのはNATOの拡大についてだった。
関連ニュース
バイデン政権、ウクライナへの軍事支援拠出を密かに承認か CNN
NATOの東方不拡大はロシアにとって絶対的条件=露外務次官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала