登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

8ヶ国が分担金未納で国連の採択権をはく奪

© AP Photo / Bebeto MatthewsЛоготип ООН в штаб-квартире Организации Объединенных Наций
Логотип ООН в штаб-квартире Организации Объединенных Наций - Sputnik 日本, 1920, 13.01.2022
フォローする
イランとベネゼエラ、スーダン、アンチグア島、バーブーダ島、コンゴ、ギニア、パプアニューギニア、バヌアツは、国連への負債により同機構の総会での採択権をはく奪された。国連のアントニオ・グテーレス事務総長の関連書簡を引用しAFPが報じた。
国連の規約では、過去2年間に支払う必要があった負債総額が、機関の分担金と同等または超過した場合、加盟各国の採択権ははく奪されるとされる。
負債は「加盟国の責任に帰さない事態」に起因していると考えられることから、一連の国々(2022年にこれらの国々にコモロ諸島とサントメ・プリンシペ、ソマリアが追加)は、採択権の継続が承認されている。
関連記事
国連総会議長 世界人口40%に接種達成の目標は失敗
アフガニスタン、国連代理大使を任命
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала