登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

スペインでおなかのすいたアナグマがローマ帝国鋳造の硬貨を掘り当てる

© 写真 : Alfonso Fanjul Perazaローマ帝国鋳造の硬貨
ローマ帝国鋳造の硬貨 - Sputnik 日本, 1920, 13.01.2022
フォローする
スペイン北部の洞窟でローマ帝国時代の硬貨が発見された。研究者らは、近くに住むアナグマが食べ物を探そうとして宝の隠し場所を掘り当てたのではないかとみている。CNNが報じた。
硬貨はアナグマの巣穴の隣で見つかった。研究者らの推測では、天候不順と積雪でアナグマは必死でエサを探さねばならず、木の実やミミズが見つかるかもしれないと巣穴の隣の小さなひび割れを掘り漁ったのかもしれない。ところが出てきたのはご馳走ではなく、コンスタンティノープルとテサロニケで鋳造された、たくさんの古銭だった。
発掘作業で見つかった硬貨は合計209枚。紀元後200年から400年のものでほとんどが銅とブロンズを材料としたもの。
考古学 - Sputnik 日本, 1920, 01.01.2022
トルコで約2000年前の銅製の軍事賞状が見つかる
考古学者のアリフォンソ・ファンジュラ氏は、発見された硬貨はスエビ族連合の蛮族がイベリア半島に侵攻した際に逃げ出した市民が隠したものとの見方を示している。
ローマは紀元前218年にイベリア半島を併合。紀元後5世紀初めに西ゴート族に攻め入られるまで統治した。ファンジュラ氏は「硬貨はきれいに磨かれ、修復作業を経た後、アストゥリアス考古学博物館に展示される」と語っている。
関連ニュース
9000年前にビールが飲まれていた証拠が見つかる 世界最古
デンマークで貴重な金の財宝が発見
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала