登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

NATO事務総長 ロシアが軍事侵攻の場合の最後通牒を突き付け

© AP Photo / Rahmat GulNATOのストルテンベルグ事務総長
NATOのストルテンベルグ事務総長 - Sputnik 日本, 1920, 13.01.2022
フォローする
NATOのストルテンベルグ事務総長は、ロシア・NATO理事会の会議を総括した記者会見で、ロシアがウクライナへ軍事侵攻した場合、NATOは東欧における同盟国の領域のプレゼンスを強化しうるを語った。
ストルテンベルグ事務総長は「ロシアがもし再びウクライナに対して軍事力を行使し、ウクライナに介入するのであれば、我々は同盟の東方におけるプレゼンスを今後強化する必要性を真剣に検討せざるを得ない」と指摘した。
ロシアは西側諸国およびウクライナの主張する「暴力的行為」を再三にわたって否定しており、ロシアは何人に対しても脅迫しておらず、攻撃する意図もなく、この「ロシアの暴力」という表現がより多くのNATOの軍事機器をロシアとの境界線近くに配備する前提として利用されていると指摘してきた。
1月12日、ブリュッセルのNATO本部で実施されたロシア・NATO理事会の会議は安全の保証を話し合う交渉の続きとなった。交渉は4時間以上にわたって行われ、ストルテンベルグ事務総長はウクライナをめぐる情勢が主な議題となったと語った。
ストルテンベルグ事務総長は交渉は容易には進まなかったものの、極めて重要なものだったと強調した。
関連ニュース
露米協議ですべての問題が解決されることに期待すべきではない=ストルテンベルグ事務総長
ロシア外務省 米国とNATOとの相互安全保障条約の素案を発表
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала