登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

NATOは民主主義を普及 侵略拡大は事実に反する 事務総長 

© REUTERS / Kenzo TribouillardNATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長
NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長 - Sputnik 日本, 1920, 13.01.2022
フォローする
NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長はNATOの拡大を侵略行為とする見解は事実に反すると指摘し、NATOは民主主義の普及ための防衛組織とする自らの考えを示した。
ストルテンベルグ事務総長はロシア・NATO理事会の会議後、これを総括した記者会見で次のように述べている。「NATOは防衛同盟であり、強制的に加盟させたことは一度もない。現段階でNATOの拡大が侵略行為であるという考えは事実に反する」
ストルテンベルグ事務総長の見解を、米国のウェンディ・シャーマン国務副長官も支持し、「NATOは防衛的な同盟であり、加盟国を守るために存在する」と強調した。
NATO - Sputnik 日本, 1920, 12.01.2022
米国 スウェーデンとフィンランドのNATO加盟を望む
しかし、ロシアのアレクサンドル・グルシュコ外務次官は、NATOは「防衛的」性格を持つという発言に反して、実質的には戦争と介入の歴史であり、その後に残されたのは破壊された国家と数百万人の難民であると主張した。
グルシュコ露外務次官はまた、NATO拡大でロシアの安全保障は著しく損ねられたため、「発生したリスクはロシアにとって受け入れがたいものであり、我々はそれに立ち向かうことになる」と強調した。
1月12日、ブリュッセルのNATO本部で実施されたロシア・NATO理事会の会議は安全の保証を話し合う交渉の続きとなった。交渉は4時間以上にわたって行われ、ストルテンベルグ事務総長はウクライナをめぐる情勢が主な議題となったと語った。
関連ニュース
NATO事務総長 ロシアが軍事侵攻の場合の最後通牒を突き付け
「難攻不落の要塞」=地球でもっとも厳重に警備されている軍事施設
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала