直径1キロの小惑星が地球にもうすぐ接近 NASAが発表

小惑星 - Sputnik 日本, 1920, 14.01.2022
小惑星7482(1994 PC1)が18日に接近し、その際に地球から約200万キロ先を通過することが分かった。米航空宇宙局(NASA)が発表した。
小惑星7482の直径は、1キロメートルを超える。NASAは、この惑星を潜在的に危険な小惑星である「アポロ型小惑星」に分類した。
小惑星7482は、1994年、天文学者ロバート・マックノート氏によって発見された。
NASAによると、この小惑星は2022年に地球に接近する小惑星の中でも最大のものになるという。
ロケット「ファルコン 9」 - Sputnik 日本, 1920, 24.11.2021
NASAが小惑星の衝突に備えカミカゼ探査機を搭載したロケット「ファルコン 9」を打上げ
巨大な小惑星アポフィスは、2029年に地球に最接近し、その際に地球から約3万キロ先を通過するとみられている。
NASAのトーマス・ザーブチェン副長官によると、専門家らが把握している小惑星のうち、今後100年において、地球に衝突する恐れがあるものはないという
関連ニュース
NASA探査機ルーシー 打上げ成功 木星トロヤ群小惑星の探査へ
ブラジルの8歳の少女 小惑星を発見した世界最年少の天文学者になる可能性
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала