Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

豪研究者ら 新型コロナに長期間感染した人々の免疫反応の期間を明らかに

新型コロナウイルス - Sputnik 日本, 1920, 14.01.2022
豪カービー研究所の研究者らは、新型コロナウイルス感染者の体の中で免疫系反応によって起こる炎症プロセスが、どのくらいの期間継続するのかを調査した。この研究結果は、同研究所のサイトで公開されている。
研究者らは今回、2020年4月から7月に新型コロナウイルスと診断されたワクチン未接種者62人のサンプルを用いて調査を行った。その結果、新型コロナウイルス感染が「長期持続型」だった未接種者は、感染から少なくとも8ヶ月は、免疫反応によって起こる炎症が継続的に起きていることが分かった。
A syringe in front of the Pfizer logo. - Sputnik 日本, 1920, 13.01.2022
新型コロナウイルス
日本 ワクチン3回目接種前倒しへ
そこで研究者らがワクチン接種者と未接種者のサンプルを調べたところ、I型とIII型のインターフェロン(ウイルスの存在に反応して細胞が作るタンパク質の一種)のレベルが上昇していることが分かった。同研究所のチャンサワヴァス・フェソファン上級研究員は、「これらのインターフェロンは通常、感染症が治まると消えるが、長期に渡って感染している新型コロナウイルス患者では、インターフェロンが長期間存在していることが分かった」と述べている
また研究者らは、ワクチン未接種の感染者の約30%が、新型コロナウイルス感染が「長期持続型」だったと指摘している。
関連ニュース
コロナから細胞を保護する化合物が大麻に含有
韓国がオミクロン株拡大に対応し経口薬の使用を開始へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала