登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシア外務省 日米同盟への憂慮を表明

© Sputnik / Anton Denisov / フォトバンクに移行ロシア外務省 日米同盟への憂慮を表明
ロシア外務省 日米同盟への憂慮を表明 - Sputnik 日本, 1920, 14.01.2022
フォローする
ラブロフ外相は14日の記者会見で日米同盟について言及し、同同盟はロシアとの関係発展及び平和条約締結のための最適な条件を生まないと指摘し、ロシアは日本領内に米国の中短距離ミサイルが配備された場合の脅威を憂慮していると語った。
ラブロフ外相は、日本には全てではなく、多くに参加するよう圧力がかけられているとも指摘した。
軍事安全保障の問題もまた、憂慮を引き起こしている。
「我々が憂慮しているのは日本がかなり前に米国の同盟国となった点だ。1960年の条約(編集:日米安全保障条約)に基づき、米国は日本の領域においてかなり大胆なマヌーバがとれる自由と行動の自由を有している」
ラブロフ外相は、ロシア、中国が自国の脅威とみなす国と日本が同盟を組んでいるという事実は、ロシアとの関係発展に最適な雰囲気を生まないと補足した。
「我々が親しいパートナーとなることを望むのならば、両国は国際問題に対する極めて深刻な意見の対立をどれほど克服できるのか、我々はここでもそれを見極める必要がある」
またラブロフ氏は、ロシアと日本はその関係において適切な雰囲気をつくりだすことができたと指摘し、「我われは日本と日本人に非常に温かく接している。彼らは我われの隣国・隣人だ。我われの間には容易くはない歴史があるが、過去10年間に、依然として残存し、解決が迫られる問題をすべて友好的に口にできる雰囲気をつくりだすことができた」と述べた。
関連ニュース
ラブロフ外相、訪日を計画
中国が協力条件の改善と引き換えに石油で米国を支援-メディア
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала