日本航空 オーストラリア便を欠航 トンガ海底噴火の影響で

© REUTERS / CIRA/NOAAИзвержение подводного вулкана Hunga Ha'apai в королевстве Тонга
Извержение подводного вулкана Hunga Ha'apai  в королевстве Тонга   - Sputnik 日本, 1920, 17.01.2022
日本航空は17日、南太平洋のトンガ沖で発生した海底火山の噴火を受けて、同日成田空港を出発しオーストラリアのメルボルンに向かう予定だったフライトを欠航したと発表した。
同社はこの欠航について、噴火により発生した火山灰がエンジンに悪影響を及ぼす恐れがあるためと説明している。一方、全日本空輸はオーストラリア行きの便を欠航するとの判断は出していないが、火山灰の動きを注意深く確認していくと明らかにした。
15日、トンガ沖のフンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ火山が噴火し、それに伴う津波が発生した。
15日、トンガ沖のフンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ火山が噴火し、それに伴って発生した津波は、翌16日に日本を含む太平洋沿岸に到達した。
関連ニュース
トンガの大規模噴火、現地被害不明 通信遮断 日本の津波注意報は解除
スペインの火山が噴火の記録を更新:沈静時期は予想困難
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала