北海ブレント原油価格 8年ぶりに87ドルを上回る

原油 - Sputnik 日本, 1920, 18.01.2022
取引データによれば、北海ブレント原油価格が2014年以来ぶりに1バレル87ドル(約1万円)を上回った。
日本時間14時現在、北海ブレント原油は1バレルあたり0.93%高の87.28ドル(約1万30円)で取引され、WTI原油は1.25%高の84.34ドル(約9700円)となった。
コロナウイルスのパンデミックに起因する原油需要の低下から、OPECプラスは昨年5月以降、日量970万バレルの精製削減を行った。状況の安定が図られる中で、合意条件の調整が行われた。2021年8月から同機関は、2022年9月末にはかつての水準にもどることを見越し、月ごとの日量を40万バレルに増量している。
1月20日に米国の週間原油在庫の統計が発表される。1月7日までの1週間で米国の商業在庫は2018年10月以降で最低の水準に落ち込んだ。
関連記事
ブレント原油、1バレル=86ドルまで上昇 10月27日以来の最高値
ニッケル価格、約10年ぶり高値
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала