「戦術誘導弾」の発射実験実施=北朝鮮

© AP Photo / Ahn Young-joon北朝鮮のロケット実験(アーカイブ写真)
北朝鮮のロケット実験(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 18.01.2022
北朝鮮は国防科学院の計画に従い、「戦術誘導弾」の発射実験を17日に行った。北朝鮮の朝鮮中央通信が報じた。
北朝鮮側の発表には、「西部から発射された2発が東朝鮮海(日本海)上の標的である島を正確に打撃した」と記されている。先に韓国軍合同参謀本部は17日午前8時50分ごろ、平壌近郊の順安飛行場付近から東に向けて2発の短距離弾道ミサイルが発射されたと発表していた。
これは2022年に入ってから4度目のミサイル発射実験となる。5日と11日には「極超音速ミサイル」と称する弾道ミサイルを発射、14日には鉄道車両から2発の短距離弾道ミサイルを発射した。
関連ニュース
北朝鮮のミサイル開発に露企業が協力=米国務長官
北朝鮮:新たなミサイル発射は、アジア太平洋地域や米国への新たな脅威なのか?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала