フィンランドのNATO加盟問題、国民の支持率が8%上昇=世論調査

© REUTERS / Laura HasaniВоеннослужащий НАТО на фоне флага НАТО в Косово
Военнослужащий НАТО на фоне флага НАТО в Косово - Sputnik 日本, 1920, 18.01.2022
フィンランドでは、北大西洋条約機構(NATO)の加盟に反対する市民が4割を超えているものの、加盟を支持する市民の割合が増加傾向にある。フィンランドの最大手紙、ヘルシンギン・サノマットの依頼によりKantar TNS社が行った世論調査の結果で明らかになった。
調査では、回答者に対し次の質問が出された。
現在、NATOには30ヵ国が加盟し、EUの加盟国は27ヵ国です。EU加盟国のうちNATOに加盟しているのは21ヵ国です。フィンランドはNATOに入るべきでしょうか、どう思いますか。
この質問に対し、28%の市民がNATO加盟を支持した一方、42%が反対した。2019年末の時点と比べ、NATO加盟を支持する市民の割合は8%増加し、NATO加盟の支持率は過去最高に達したという。
また、NATO加盟反対の市民が50%を切ったのはこれが初めてだという。どちらでもないと回答した人の割合は30%だった。
世論調査は1月6日から13日にかけて、フィンランド国内に居住する18歳から79歳の市民1003人を対象に行われた。世論調査の誤差は最大3.1%とされている。アンケートは電話取材形式で行われた。
ロシアのペスコフ大統領報道官 - Sputnik 日本, 1920, 17.01.2022
ロシアは、NATOによるウクライナ領への漸進的な侵入をこれ以上我慢することはできない=ペスコフ大統領報道官
先にNATOイェンス・ストルテンベルグ事務総長はスウェーデンとフィンランドについて、多くの点でNATOの防衛基準をクリアしており、その政治的決定が下される場合は速やかに加盟国として迎え入れると表明していた。
また米国のビクトリア・ヌーランド国務次官はフィンランド及びスウェーデンとNATO加盟に関する問題を検討する用意があると指摘していた。
これに対し、フィンランドのペッカ・ハーヴィスト外相は現時点において政府はNATO加盟を予定していないと表明していた。
関連ニュース
NATO、1997年以降の加盟国から軍撤退「同意しない」=事務総長
英首相とNATO事務局長、ロシアへの「厳しい」制裁措置について言及 ウクライナ情勢悪化の場合
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала