トンガの大規模噴火 遠く離れた国にも津波が到達

南太平洋の島国トンガで15日、海底火山「フンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ」が大規模な噴火を起こした。今回の噴火は過去30年で世界最大規模のものとみられ、8000キロ離れた日本でも最大1.2メートルの津波が観測された。
また、南米ペルーでは2メートルを超える津波が到達し2人が死亡したほか、9400キロ離れた米アラスカ州でも1メートルの津波が観測されたという。
スプートニクでは、噴火の影響でこれまでに津波の到達が確認された主な地点をインフォグラフィックでまとめた。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала