Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

EU、新型コロナとインフルエンザ同時流行「ツインデミック」を警告

© Sputnik / Alexei Kudenko病院
病院 - Sputnik 日本, 1920, 18.01.2022
欧州疾病予防管理センター(ECDC)は、長期にわたる「ツインデミック(twindemic)」(新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行)について警告した。ロイター通信が報じた。
ECDCによると、2021年はロックダウンとマスク着用によってインフルエンザがほぼ消滅したが、規制緩和によって予想よりも速いペースでインフルエンザが再発生している。
欧州では2021年最終週、インフルエンザによる集中治療室(ICU)入室患者数が43人となり、ピークに達した。これはパンデミック前の約10分の1。一方、今シーズン、例えばフランスでは、すでにインフルエンザ重症患者が72人確認されており、6人が死亡している。そのためECDCは、「ツインデミック」によって医療機関にさらなる負荷がかかるおそれがあると指摘している。
イスラエルで新型コロナとインフル同時感染の初症例 - Sputnik 日本, 1920, 01.01.2022
新型コロナウイルス
イスラエルで新型コロナとインフル同時感染の初症例
ECDCによると、このような状況は、多くの国がワクチン接種率の向上に伴い、新型コロナ感染拡大防止のための制限を緩和していることと関係している。
春に制限措置が解除された場合、例年なら欧州でインフルエンザの流行が鈍化する5月以降も流行が続く可能性があるという。また、一般的に高齢者で重症化しやすいA/H3亜型インフルエンザウイルスが優勢となっているのも、状況をさらに複雑にしている。
関連ニュース
インフルエンザ株の1つ、コロナのパンデミック中に消滅か=研究
スペインの研究者 インフルエンザのように新型コロナ感染が季節性であることを解明
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала