日本 福島県双葉町で準備宿泊が開始

© AFP 2022 / Yoshikazu Tsuno福島県双葉町
福島県双葉町 - Sputnik 日本, 1920, 20.01.2022
日本の福島県双葉町では20日、住民の帰還に向けた準備のために自宅に泊まる「準備宿泊」が開始した。テレ朝ニュースが報じている。
双葉町は2011年に事故が発生した福島第一原子力発電所の周辺自治体。現在も全町民の避難が続いている。双葉町民が自宅で寝泊まりできるのは、原発事故以来初となる。
町民が帰宅して寝泊まりできるのは、双葉町の北東部とJR双葉駅周辺。しかしNHKによると、長年にわたる避難で帰還を諦める人も多く、18日時点で準備宿泊を申請したのは7世帯11人。
産経新聞によると、双葉町の自宅に戻った谷津田さんは、「やっとこの日が来た。帰還に向け、少しでも事故前の生活を取り戻せるよう備えたい」と語っている。避難指示解除は6月以降とみられている。
関連ニュース
東電、福島第一原発の処理水放出計画を規制委に申請
日本 福島第一 処理水関連施設の工事開始
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала