英国 ウクライナに精鋭部隊を派遣

英軍人 - Sputnik 日本, 1920, 21.01.2022
ウクライナ周辺を巡る状況の激化が懸念される中、英国は供与した対戦車兵器の使い方をウクライナ軍に教えるため、精鋭部隊をウクライナに派遣した。英テレビ局「スカイニュース」が報じている。
同局は状況激化の「恐れ」がある中、「英国が供与した対戦車兵器の使い方をウクライナ軍に教えるため、英国の精鋭部隊約30人がウクライナに到着した」と報じている。
これより前、英国のベン・ウォレス国防相は、ウクライナに防衛兵器を追加供与する可能性を排除していないとの考えを示した。また同局によると、英国はすでに数千発の軽対戦車ミサイルをウクライナに供給したという。
バイデン米大統領 - Sputnik 日本, 1920, 21.01.2022
ロシア軍がウクライナ国境を越えれば「侵攻」と見なす=バイデン大統領
ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、英国とカナダが武器を供与し、その使い方を教える人間を派遣していることは、西側諸国がウクライナ領内での挑発行為を準備しているというロシアの疑念を裏付けるものだと述べている。
最近、欧米諸国やウクライナ政府で、ロシアがウクライナに侵攻する可能性があるという疑惑が浮上している。ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、このような情報は空虚で根拠のない緊張を高めるものだと指摘し、ロシアは誰にも脅威を与えていないと強調した。またペスコフ氏は、このような発言を正当化するための挑発行為が起こる可能性を否定しなかった。
関連ニュース
日仏2プラス2、ウクライナ情勢に言及 「ミンスク合意の履行が問題解決の唯一の道」
バイデン氏の会見 『ロシアのウクライナ攻撃』に関する質問は犯罪的怠慢=露ザハロワ報道官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала