津波に流されたトンガの住民 28時間泳いで生還

トンガ - Sputnik 日本, 1920, 21.01.2022
海底火山が噴火したトンガでは、津波で複数の村が押し流された。現地のある住民も津波にさらわれたものの、28時間にわたって島から島へ泳いで生還したこと分かった。ニュージーランドのテレビ局「1News」が20日に報じている。
同テレビ局によると、リサラ・フォラウさん(57)は15日、アタタ島で津波にさらわれ沖に流された。その後、7.5キロメートルを泳ぎトンガの本島であるトンガタプ島にたどりついたことから、「本物のアクアマン」と呼ばれるようになったという。アクアマンとは、映画『アクアマン』のスーパーヒーローで水中に住む海底人のこと。
Извержение подводного вулкана Hunga Ha'apai  в королевстве Тонга   - Sputnik 日本, 1920, 20.01.2022
トンガの火山噴火の規模は広島型原爆600発分-NASA
トンガタプ島にたどり着いたフォラウさんは、道路を這っているところを発見された。目撃者によると、見つかったのは16日の夜。フォラウさんはその後、地元のラジオ局のインタビューに応じている。
同テレビ局によると、20日、ニュージーランド空軍のハーキュリーズ輸送機がトンガの国際空港に到着し、飲料水、テント、発電機を届けた。これまでは、火山灰の降灰により物資支援ができなかったという。
また、救援のためニュージーランド海軍の軍艦2隻がトンガに向けて出港した。
オーストラリア、中国、日本を含む国々もトンガへの緊急援助に向けて調整を進めている。
15日、トンガ沖のフンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ火山が噴火し、それに伴って発生した津波は、翌16日に日本を含む太平洋沿岸に到達した。日本では、津波が発生する恐れがあるとして少なくとも23万人が避難し、到達した津波により漁船など10隻が転覆・沈没した。南太平洋の米領サモアでも津波が観測され、サバイイ島の村では100世帯超が避難した。
関連ニュース
政府、トンガに資金協力 1億万円以上、飲料水も輸送へ
鹿児島県でブリの稚魚が大量死 トンガの噴火が影響か
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала