イーロン・マスク氏 マシンの暴動を予防すると断言

© AP Photo / Matt Rourkeテスラ社のイーロン・マスクCEO
テスラ社のイーロン・マスクCEO - Sputnik 日本, 1920, 21.01.2022
テスラ社のイーロン・マスクCEOは、2022年の終わりまでに、人型ロボット「テスラ・ボット」の初のプロトタイプを発表すると約束した。同ロボットは、電動自動車の自動操縦のベースとなる人工知能プラットフォームを使用する。
また、ポータルサイト「Electrek」によると、同社は「マシンの暴動」などのシナリオを予防するため、あらゆる努力をすると約束している。
以前、テスラのトップはツイッターで「強い人工知能(AGI)を作ろうと思っている」と発言している。これに対して、一部のユーザーからは、否定的な反応が起こった。彼らはマスク氏に、ジェームズ・キャメロン監督の映画『ターミネーター』のような「機械の反乱」が発生しないかと、懸念を表明した。
バイオロボットに自己複製能力が発見 - Sputnik 日本, 1920, 04.12.2021
IT・科学
バイオロボットに自己複製能力が発見
実際、AGI理論では、コンピュータが個体としての思考や認識といった人間の資質を獲得することを前提としている。
マスク氏は、AIが他のアンドロイドをコントロールし、知的マシン軍を創設できないように、テスラ・ボットの制御を分散化するとフォロワーに断言した。
また、同CEOは以前、テスラ・ボットの特性として、人が反抗的なロボットを簡単に制圧したり、ロボットから逃げたりできるように製造されると説明している。
関連ニュース
中国 チベット国境地帯の兵力をロボットと入れ替え
マスク氏 カリフォルニアに残る最後の住処を売却 正式に住所不定者に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала