米国、ウクライナから外交官の家族を避難させることを検討

© AFP 2022 / Vasily Maximovキエフ
キエフ - Sputnik 日本, 1920, 22.01.2022
米国は、ウクライナにおける事態のエスカレーションを背景に、同国から米外交官の家族を退避させるかどうかを検討している。ブルームバーグが消息筋を引用して報じた。
ブルームバーグによると、米国は外交官の家族への帰国指示や、在外公館の主要業務を担当していないスタッフが自発的に帰国できる案について検討している
ブルームバーグは、米国は数日中にも退避を発表する可能性があるが、まだ決定は下されていないと報じている。
最近、欧米諸国やウクライナ政府で、ロシアがウクライナに侵攻する可能性があるという疑惑が浮上している。ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、このような情報は空虚で根拠のない緊張を高めるものだと指摘し、ロシアは誰にも脅威を与えていないと強調した。またペスコフ氏は、このような発言を正当化するための挑発行為が起こる可能性を否定しなかった。
関連ニュース
バイデン氏の会見 『ロシアのウクライナ攻撃』に関する質問は犯罪的怠慢=露ザハロワ報道官
ロシア軍がウクライナ国境を越えれば「侵攻」と見なす=バイデン大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала