イラン人男性、67年間体を洗わず 事故や死ぬことを恐れて

© Sputnik / Eugene Odinokov / フォトバンクに移行蛇口
蛇口 - Sputnik 日本, 1920, 22.01.2022
イランの村に住む男性は、事故や死ぬことを恐れて67年間体を洗っていない。Daily Starが報じた。
小さな小屋に住むアム・ジャジさん(87)は、車にひかれて死んだヤマアラシの生肉など、動物の死骸を食べ、雨水を飲んで暮らしている。ジャジさんの愉しみは、動物の糞を詰めたパイプを吸うこと。
ジャジさんは、その一風変わったライススタイルが原因で、友達をつくったり、家庭を持つことができなかったが、選んだ道を突き進むその姿は地元の人々に感銘を与え、小屋をプレゼントされた。それまでジャジさんは穴に住んでいたという。
医師たちがジャジさんのもとを訪れ、衛生的な環境の欠如や一般的ではない食事がジャジさんの健康にどのように影響しているかを確認したところ、深刻な病気も寄生虫も見つからず、医師たちを驚かせた。ジャジさんを唯一悩ませていたのは、旋毛虫症(発熱、むくみ、発疹などが起こる感染症)だったという。
関連ニュース
コロナから回復した女性 シャワーも歯磨きもできない
英国女性、30年ぶりにシャワーを浴びる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала