五輪期間のウクライナ侵攻を避けるよう周主席が露大統領に要請したと米メディアが報道、露中が反発

© AP Photo / Xinhua News Agency / Li Xueren習近平氏
習近平氏 - Sputnik 日本, 1920, 23.01.2022
中国の習近平国家主席がロシアのウラジーミル・プーチン大統領に対し、北京五輪の間はウクライナに侵攻しないよう要請したという米メディアの報道について、モスクワに駐在する中国大使はデマで挑発行為に他ならないと表明した。
先にブルームバーグ通信が中国外務省の消息筋による証言をもとに報じたところによると、習主席は北京五輪期間中、ウクライナに侵攻しないよう要請したと報じていた。 ロシア外務省のマリヤ・ザハロワ報道官はこの情報をコメントした際、これはフェイクを通り越し、マスコミを利用した米情報機関の特殊作戦に他ならないと評価していた。
中国外務省が発表した声明にも同様のコメントが記されている。
中国の首脳がロシアの首脳に対し、祝祭を損なわないためにも、五輪の期間はウクライナに侵攻しないよう要請したというブルームバーグの報道はフェイクであり、扇動である。
中国外務省はウクライナ問題に関する中国側の立場は一貫して明白であると記している。中国側は、ミンスク合意の枠組みで、対話と交渉により見解の違いを調整することを支持していると大使館側は発表している。
岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 22.01.2022
日米首脳、ウクライナ情勢を巡りロシアへの対抗措置で合意=ホワイトハウス
最近、欧米諸国やウクライナ政府で、ロシアがウクライナに侵攻する可能性があるという疑惑が浮上している。ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、このような情報は空虚で根拠のない緊張を高めるものだと指摘し、ロシアは誰にも脅威を与えていないと強調した。またペスコフ氏は、このような発言を正当化するための挑発行為が起こる可能性を否定しなかった。
関連ニュース
在日ロシア大使館 日本のウクライナへの姿勢は露日関係において逆効果
米国、在ウクライナ大使館員家族の避難を24日に開始=マスコミ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала