Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

検査せずに「オミクロン株」を見分ける方法

© REUTERS / Dado RuvicПоложительный тест на коронавирус
Положительный тест на коронавирус - Sputnik 日本, 1920, 23.01.2022
感染症の専門家で予防接種実践に関する諮問委員会のメンバー、そして米ノースカロライナ州にあるAtrium Health Wake Forest Baptistのワクチン学者でもあるキャサリン・ポーリング博士は、TVチャンネルNBC Newsの番組で、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の主な症状について語った。
ポーリング博士によると、これらの兆候によって患者は自分がいったい何に感染したのかを正確に理解することができるという。博士は「咳、鼻づまり、鼻水、倦怠感は、『オミクロン株』の特徴的な症状とみられる。しかし、(別の変異株)『デルタ株』とは違い、嗅覚や味覚を失う患者は少ない。軽症のブレイクスルー感染でも、最も典型的な症状はこれまでと同じく喉の痛みだ」と語った。
北京 - Sputnik 日本, 1920, 17.01.2022
新型コロナウイルス
北京で初の「オミクロン株」市中感染 カナダからの郵便が感染源の可能性
2021年11月末、南アフリカ共和国で新型コロナウイルスの新たな変異ウイルスB.1.1.529が発見され、変異の種類が32と著しく多いことが確認された。世界保健機関(WHO)はこれをオミクロンと命名し、感染リスクが「極めて高い」ことから「懸念される変異株」に分類している。オミクロン株が既存のワクチンによる免疫を回避するかどうかは現時点では不明。ロシア国立ガマレヤ研究所、ファイザー、バイオエヌテックモデルナの各社はすでにオミクロンに対抗するワクチン開発に着手している。
関連ニュース
「軽症」オミクロン株 気を緩めないで=疫学者
オミクロン 再感染リスクはデルタの16倍
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала