米国の新駐日大使が着任 23日羽田に到着

© AP Photo / Kiichiro SatoМэр Чикаго Рам Эмануэль
Мэр Чикаго Рам Эмануэль - Sputnik 日本, 1920, 23.01.2022
米国の新駐日大使、ラーム・エマニュエル氏が23日、日本に着任した。
NHKなどの日本のマスコミによると、エマニュエル氏は23日午後、妻のエイミーさんとともに羽田空港に到着した。
エマニュエル氏は、2019年5月までシカゴ市長を務めたほか、オバマ政権時代には首席補佐官を務めていた。
エマニュエル氏は日本到着後、ツイッターに「日本の皆さん、はじめまして。日本に到着し、妻エイミーともどもワクワクしています。全国各地を訪れて、日本の皆さんとお会いするのが待ちきれません。よろしくお願いいたします」と日本語で投稿した。
駐日米大使は、ウィリアム・ハガティ前大使が2019年7月に退任して以降、約2年半にわたって空席が続いていた。
関連ニュース
インドネシアの電力危機は日本を含めたアジア太平洋地域に影響を与えるのか
東京でアフガニスタン退避者向け相談会
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала