福島第一原発 地盤を凍結する塩化カルシウム4トン漏えい パイプ損傷か

© AFP 2022 / Philip Fong福島第一原発
福島第一原発 - Sputnik 日本, 1920, 23.01.2022
日本の福島第一原子力発電で、地下に埋め込んだパイプに注入している液体が約4トン漏れているトラブルが発覚した。東京電力は、パイプの一部が損傷した可能性があるとして、場所の特定を急ぐとともに補修するとしている。NHKが報じた。
東京電力によると、福島第一原発で1月16日、建屋の周りの地盤を凍結するために使うマイナス30℃の液体を入れたタンクのうち4基中2基で水位が下がり、凍土壁の周辺を確認したところ、液体がたまっている場所が発見されたという。
漏れ出た液体は地盤を凍らせるための冷媒の役割を果たす塩化カルシウム水溶液で、タンクの水位から約4トンが漏れたと推定される。
福島県双葉町 - Sputnik 日本, 1920, 20.01.2022
日本 福島県双葉町で準備宿泊が開始
この液体は有害物質ではなく、環境への影響はないという。また冷媒が漏れても凍土壁自体が溶け始めるまでには数カ月の余裕があるとしている。
関連ニュース
北極海に到達した福島のセシウム、「危険性ない」=専門家
東電、福島第一原発の処理水放出計画を規制委に申請
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала