- Sputnik 日本, 1920, 17.01.2022
2022年四大陸フィギュアスケート選手権
四大陸フィギュアスケート選手権は、2022年1月20日から23日まで、タリン(エストニア)で開催される。

フィギュア四大陸 日本は出場全種目でメダル総なめ 高橋大輔/村元哉中組の鮮烈なデビュー

横井 ゆは菜 - Sputnik 日本, 1920, 24.01.2022
独占記事
1月23日、エストニアの首都タリンでフィギュアスケート四大陸選手権が終了した。日本勢は参加した全種目でメダルを獲得。女子シングルが金、男子シングルで銀、銀、アイスダンスでは、本大会初出場の高橋大輔(35)/村元哉中(28)組が銀を勝ち取った。スプートニクの記者が現地レポートをお届けします。

新たなヒストリー 高橋/村元組のアイスダンス

本大陸で最初に競技を終えたのはアイスダンス。この種目に参加したどこの国も自国の二番手を送り込んだのだが、本大会のアイスダンスはいつにない熱い注目を集めた。その理由は今年、この大会のこの種目でデビューを果たした日本の高橋大輔/村元哉中組だ。
実は高橋、村元の両選手ともすでに四大陸のメダルは持っている。高橋選手はシングル時代に金を、村元選手はクリス・リードと組んでいた時に銅を受賞。ところが、今回のふたりのデビューはあまりにも鮮烈で大成功を収め、メダルも大きな注目もさらったため、記者会見での質問はほとんどこのペアに集中した。四大陸は高橋らにロシア人コーチのマリア・ズエワ氏との「再統一」のチャンスも贈った。ズエワ氏は先日の全日本選手権ではビザ発給に制限がかかり、同伴することができなかったからだ。
高橋大輔/村元哉中組 - Sputnik 日本, 1920, 23.01.2022
2022年四大陸フィギュアスケート選手権
高橋大輔と村元哉中 奇妙なファン、呼び名「カナダイ」をどう思う? 四大陸フィギュア 

三原舞依の再復興

三原舞依選手 (22)はこれまですでに全てのメダルを獲得している。その三原選手が5年後に自己ベストを更新できた。本人は、本大会の金は選手生活の中で最も重要なメダルで、2017年に17歳で勝ち取った初の金メダルよりもずっと嬉しかったと語っている。2位と3位は、韓国のヘイン・イ選手、イェリム・キム選手。ウルトラ・シの要素をこなせない三原がトリプルアクセルをきれいに決めた相手を打ち負かすことができた。
Японская фигуристка Маи Михара с золотой медалью на чемпионате четырех континентов в Таллине - Sputnik 日本, 1920, 23.01.2022
2022年四大陸フィギュアスケート選手権
難病乗り越え、四大陸チャンピオン 三原舞依選手が女子の年齢制限、5年ぶりの金を語る

男子 ノーミスならず プレッシャーが原因か?

ところが男子シングルは、そう簡単にはいかなかった。ショートプログラム(SP)で友野一希(23)、三浦 佳生(16)が韓国のチャ・ジュンファンに敗れた後も、順位に変動はなかった。チャ選手と異なり、日本勢はフリースケーティング(FS)をノーミスでこなせなかったため、SPで開いた差は縮められなかった。両選手ともFS前はとても緊張していたようで、友野選手も「朝からいやな感じだった」と話していた。ただし、優勝したチャ選手が韓国代表の一員として北京五輪に出場し、羽生結弦、ネイサン・チェン、鍵山優真と対戦することを思えば、この差はそれほど悔しいことではないだろう。

四大陸フィギュアスケート選手権2022

1月20日から23日、タリンで四大陸フィギュアスケート選手権2022が開催されている。本大会は当初中国で開催が予定されていたものの、コロナウイルスによる制限措置で急遽、タリンに開催場所が変更された。
関連記事
「私たちは再びヒストリーを築いた」 四大陸アイスダンスで村元 哉中/高橋大輔組が銀
三宅選手、好きな選手は誰の問いに「幼い頃から高橋大輔さんが目標でした」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала