米国務省、在ウクライナ大使館職員の家族に国外退避命令

© AFP 2022 / Sergei Supinskyウクライナ・キエフ
ウクライナ・キエフ - Sputnik 日本, 1920, 24.01.2022
米国務省は、ウクライナ・キエフにある在ウクライナ大使館職員の家族に国外退避を命じ、大使館職員の一部にも退避を許可した。23日、同省が声明を発表した。
米国務省は「緊急を要する業務に就いていない在ウクライナ大使館職員には自主的な出国を許可した。同時に、大使館職員の家族には国外退避を命じた」と発表した
同省によると、大使館は通常通り業務を続ける。
同省は「我々は、ウクライナの主権と領土保全へのコミットメントについて引き続き再確認を行う。在ウクライナ大使館は、こうした非常時でもウクライナを支援するため、中断することなく運営を続ける」と強調した。
関連ニュース
米国、露との協議継続しつつ、ウクライナで軍備増強する=ブリンケン国務長官
米下院議員、ウクライナ情勢をめぐり欧州での合同演習を呼びかけ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала