日本政府 ウクライナ在留邦人への国外退避を検討開始

© Wikipedia / Rs1421日本外務省
日本外務省 - Sputnik 日本, 1920, 24.01.2022
24日、日本政府は、米国が在ウクライナ米大使館職員家族に退避を命じたことを受け、現地の大使館関係者を含む在留邦人の国外退避に関する検討に入った共同通信が報じた。日本外務省の声明では、ウクライナには大使館職員の家族ら約250人の邦人が在留している。
共同通信が日本外務省幹部に取材したところでは、同省は情勢の変化を追っており、24日の米国の退避方針に合わせた方向で対応するとしたが、別の同省筋は「米国を含む各国の対応を見極める」と説明している。
米国は、ロシアによる軍事行動の脅威が続いていると判断し、大使館職員の家族の退避命令を出している。
日本政府は同日、これより前、ウクライナ在留邦人の安全確保に万全を期すため、必要な措置を講じる考えを示していた。松野官房長官は「関係国と緊密に連携しつつ、引き続きウクライナ情勢の進展に注視しながら、在留邦人の安全確保に万全を期すため、速やかに必要な措置を講じていく」と述べていた。
関連ニュース
米国、在ウクライナ大使館員家族の避難を24日に開始=マスコミ
在日ロシア大使館 日本のウクライナへの姿勢は露日関係において逆効果
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала