ドイツのカトリック教会 100人超が集団カミングアウト

LGBT - Sputnik 日本, 1920, 26.01.2022
フォローするGoogle news
ドイツの125人のカトリック教会の司祭(元および現カトリック司祭)および他の面々がカミングアウトし、教会の労働法を変えることで教会内のLGBTへの差別を止めるよう要望した。ドイツ国営放送「ドイチェ・ヴェレ」が報じた。
集団カミングアウト行動には全体で125人のカトリック司祭や宗教学校の教師、教会運営職員が参加した。
彼らは、「脅威のない統一された教会」を目指す社会運動「OutInChurch」の創設を発表した。運動参加者らは教会の労働法の変更を主張し、性的指向や性自認を解雇の理由にしないことを求めている。
前ローマ教皇ベネディクト16世 - Sputnik 日本, 1920, 21.01.2022
前ローマ教皇、教会の性的虐待で批判される 何も行動を起こさなかった
また、彼らは、教会の教義からジェンダーとセクシュアリティに関する表明を削除することを求めている。運動参加者らによれば、今後、カトリック教の秘跡と儀式への出席を拒否されることはないという。
関連ニュース
米国 第3の性のパスポート第1号が発行
IOC、スポーツにおけるトランスジェンダーの新指針を発表
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала