有事の際にNATO軍からの撤退を指示したクロアチア大統領、反ウクライナ主義者のリストに登録

© Sputnik / Mikhail Voskresenskiyウクライナ外務省 
ウクライナ外務省  - Sputnik 日本, 1920, 26.01.2022
クロアチアのゾラン・ミラノビッチ大統領は「平和維持軍」と題されるウクライナのサイトに、「反ウクライナ主義のプロパガンディスト」 として登録された。 ミラノビッチ大統領はロシアとウクライナの間で衝突が発生する場合、北大西洋条約機構(NATO)が東欧に展開する部隊から自国の兵士らを撤退させる意向を表明していた。この発言を受けて、ウクライナ外務省は抗議し、発言の撤回を求めている。
クロアチア大統領の発言を受け、「平和維持軍」のサイトには次のように記されている。
反ウクライナ主義者のプロパガンディスト。クレムリンのプロパガンダを拡散し、クレムリンの特殊情報作戦に参加。ウクライナを相手とした人道的な攻撃に参加。ウクライナを相手としたロシアの攻撃を支援し、正当化している。
ウクライナ外務省はミラノビッチ大統領の発言について受け入れがたいと表明し、発言の撤回を求めている。また、ウクライナ外務省は駐キエフのクロアチア大使を呼び出し、厳重に抗議したとしている。
バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 26.01.2022
ウクライナに直接部隊を展開する予定はない=米大統領
最近、欧米諸国やウクライナ政府で、ロシアがウクライナに侵攻する可能性があるという疑惑が浮上している。ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、このような情報は空虚で根拠のない緊張を高めるものだと指摘し、ロシアは誰にも脅威を与えていないと強調した。またペスコフ氏は、このような発言を正当化するための挑発行為が起こる可能性を否定しなかった。
関連ニュース
米国 原材料、武器の禁輸 新たな対ロシア制裁を提案
日本の自民党外交部会 ウクライナ侵攻なら制裁 ロシアの天然ガス輸入禁止など
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала