Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

長崎大学 新型コロナ用ワクチン2回接種の予防効果が52%に低下

新型コロナウイルス - Sputnik 日本, 1920, 26.01.2022
フォローするGoogle news
26日、長崎大学などが新型コロナ用ワクチンの予防効果が現時点で約50%になっていると発表した。朝日新聞が報じた。
報道によれば、オミクロン株の感染が拡大したことや、ワクチンの2回目接種から日数が経つことから、予防効果が大幅に低下しているという。データ数が限定的であることから、暫定値ではあるが、発症予防効果は51.7%と算出された。昨年7月~9月時点では、予防効果は88.7%だった。
ファイザー製ワクチン - Sputnik 日本, 1920, 26.01.2022
新型コロナウイルス
ファイザー製ワクチンは心臓の炎症リスクを3倍に高める-研究
調査は、東京、神奈川、埼玉、愛知の5医療機関が実施したもので、今年1月1日から21日に新型コロナ感染の疑いで受診し、検査を受けた417人(16歳~64歳)のデータが解析された。
関連ニュース
経鼻ワクチンは「オミクロン株」による感染も予防=露感染症専門家
「オミクロン株」 子どもにおける最も典型的な症状
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала