Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

南アフリカで危険性の高いコロナ変異種が発見

© REUTERS / NIH / NIAIDコロナウィルス
コロナウィルス - Sputnik 日本, 1920, 27.01.2022
南アフリカで危険性が高いとみられているコロナウイルスの新たな変異種が確認された。プレプリントサーバーのbioRxiv.orgで研究が掲載された。
研究によると、現在NeoCovウイルスは人間の細胞に侵入することはできないが、その遺伝子に1つの突然変異が起こった場合、ヒト細胞にも感染することができる。
英国の研究者:「オミクロン株」は他の変異種よりゆっくりと肺で増殖するが、深刻な問題が残る - Sputnik 日本, 1920, 27.12.2021
新型コロナウイルス
英国の研究者:「オミクロン株」は他の変異種よりゆっくりと肺で増殖するが、深刻な問題が残る
NeoCovは、ヒト細胞内のACE2受容体を使用してコウモリの肺細胞に侵入する。COVID-19を引き起こすSARS-CoV-2と同様に人の肺に侵入するという。新型コロナウイルスとSARSコロナウイルスは、ヒトの体内にあるACE2受容体を利用して細胞に侵入することが知られている。この侵入の際には、コロナウイルスの「王冠」を構成するスパイクタンパク質の柔軟な突起とACE2受容体の結合が起きている。
NeoCovは、COVID-19病原体とは異なる方法でACE2受容体に結合するため、極めて危険だ。抗体もタンパク質分子もこの変異種には効果がないため、NeoCovが人類にとって特に危険なものになる可能性がある。
関連ニュース
コロナのワクチン接種が必要な児童は3つグループ ロシア人医師
「オミクロン株」、皮膚上で21時間超生存=日本の研究チーム
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала