テスラ 自社工場の労働力不足をヒューマノイドで解決へ

CC BY-SA 2.0 / Steve Jurvetson / テスラの工場
テスラの工場 - Sputnik 日本, 1920, 28.01.2022
テスラ社のイーロン・マスクCEOは、自社工場で働くヒューマノイドロボット「オプティマス」を制作することを明らかにした。ブルームバーグが同氏の発言を引用して報じた。
マスクCEOは、ヒューマノイド開発プロジェクトをテスラにとっては自動車開発よりも将来有望と評し、オプティマスはしばらくすればかなり複雑な作業もこなせるようになるとの見通しを表した
マスク氏はオプティマスというロボットで労働力不足の問題を解決しようとしている。マスク氏はテスラ工場でのヒューマノイドの使用テストは非常に早いうちに始まることを明らかにした。ヒューマノイドには現在、テスラ社の電気自動車(EV)に使用されている特性のカメラが内蔵されるほか、ロボットの動く向きの制御にもテスラのEVに使われている無人システムが用いられる。
マスク氏は「いかなる経済も基本は労働だ。我々が労働力不足に直面したら、どうなるだろうか? そういう場面で経済が何らかの意味を持つとは私には思えない。これが我々がオプティマスを必要とする理由だ」と強調した。
関連ニュース
イーロン・マスク氏 マシンの暴動を予防すると断言
イーロン・マスク氏の資産が目減り 1週間で最も大幅に資産を減らした大富豪に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала