北朝鮮 25・27日に巡航ミサイルと戦術誘導弾の発射実験を実施=朝鮮中央通信

© AP Photo / Ahn Young-joon北朝鮮、ミサイル
北朝鮮、ミサイル - Sputnik 日本, 1920, 28.01.2022
北朝鮮は、25日に長距離巡航ミサイル、27日に地対地戦術誘導ミサイルの発射実験を実施したと発表した。28日、韓国の聯合ニュースが朝鮮中央通信を引用し伝えた。
朝鮮中央通信によると、北朝鮮は「長距離巡航ミサイルと地対地戦術誘導ミサイル」の発射実験を実施した。また、朝鮮中央通信は「強力な弾頭の開発を継続する」という北朝鮮政府の意向を伝えている。
韓国軍合同参謀本部は27日、北朝鮮が同日午前8時ごろ、東部の咸鏡(ハムギョン)南道から日本海に向けて短距離弾道ミサイルとみられる2発を発射したと明らかにしており、これを指すとみられる。なお、金正恩総書記は実験に立ち会わなかった。
Запуск ракеты в КНДР - Sputnik 日本, 1920, 20.01.2022
北朝鮮は極超音速ミサイルを配備するか?
聯合ニュースによると、朝鮮中央通信は25日に発射した長距離巡行ミサイルについて、ミサイルは設定した飛行軌道を約2時間35分飛行し、1800キロメートル離れた標的の島に命中したと伝えた。
北朝鮮は、1月5日11日に極超音速ミサイルの発射実験を行い、14日には鉄道を使用した発射台から短距離弾道ミサイル2発を発射した。17日には「戦術誘導弾」の発射実験を行った。
関連ニュース
露中、北朝鮮への国連追加制裁に反対
北朝鮮、核実験再開を示唆
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала