ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシアのラブロフ外相 ウクライナとの戦争の可能性に関する質問に回答 

© Sputnik / Vladimir Gerdo  / フォトバンクに移行ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 28.01.2022
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ロシアのラジオ局のインタビューで外交政策上および今日の国際的な課題に関する質問について回答し、それがロシア次第というのであれば、戦争は起こらないとコメントした。
ラブロフ外相は、「それがロシア次第というならば、戦争は起こらない。私たちは戦争を望んでいないが、私たちの利益が愚かにも侵害され、私たちの利益が軽視されることを認めない」と強調した。相は、「ロシアは戦争など望んでいないが、西側が我々の利益を軽視することを認めるわけにはいかない」と強調した。
ラブロフ外相は、ウクライナについて率直に語り、同国政府はミンスク合意を履行する必要があり、そのことですべてが正常になると強調した。
ここ数週間、欧米マスコミではロシアによるウクライナ侵攻の可能性について盛んに取り上げられている。これを背景として米国議会では対ロシア制裁の強化が呼びかけられている。ロシアはこれまでウクライナ侵攻の報道を繰り返し否定。リャブコフ外務次官は、モスクワにはウクライナ侵攻の意向は現在も将来もあり得ないとしている。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала