沖縄 若者300人以上が警察署を囲み投石や爆竹 「仲間が警察官に暴行された」

日本の沖縄では、現地時間27日午後11時頃から28日午前4時過ぎにかけ、地元警察署を若者ら300人以上が囲み、石や棒、爆竹、生卵などを投げつける騒ぎがあった。若者らは「仲間が警察官に暴行された」と訴えている。沖縄タイムズが報じている。
沖縄県警沖縄署によると、27日午前1時15分頃、沖縄市宮里の路上で、複数台のバイクが暴走しているとの通報を受けた警察官が警戒中、バイクに乗っていた男子高校生(17)と接触、その後、高校生は右眼球破裂の大けがを負った。警察官は右腕にすり傷を追ったという。
同署や沖縄市消防本部によると、同1時20分頃、現場から数百メートル離れた場所で高校生本人から「バイクの単独事故で顔面を負傷した」との119番通報があったという。
一方、高校生の友人(17)は「何もしていない友人に警察官が暴力をふるったのか。事実を公表してほしい」と署に訴えた。
この騒ぎで同署の電光掲示板や窓ガラスが割れるなどした。けが人は確認されていない。
関連ニュース
埼玉の立てこもり事件 人質となっていた医師が死亡
池袋のホテルで82歳男性殺害 24歳の女逮捕
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала