イーロン・マスクが学生に提案 飛行機の移動監視を止めれば5000ドル

© REUTERS / Brendan McDermidイーロン・マスク氏
イーロン・マスク氏 - Sputnik 日本, 1920, 28.01.2022
米国の学生プログラマーが、テスラ社およびスペースXの創設者であるイーロン・マスク氏のジェット機の移動を監視するツイッターボットを開発した。マスク氏は、これが彼のセキュリティーを脅かしていると考えている。サイト「プロトコル」が報じた。
まだ19歳の新入生であるジャック・スウィーニーが15種類のボットを開発し、「イーロンジェット」はそのうちの1つとなる。このプログラムは、オープンソース、特に米国連邦航空局のデータから情報を取得する。
ボット「イーロンジェット」を8万7000人のユーザーがフォローしている。マスク氏自身、昨年の秋にボットを目にし、「どこかのサイコに攻撃されたくない」ことから、スウィーニーにこのツイッターアカウントを削除するように求めた。その代わりにマスク氏は学生に5000ドル(約58万円)の支払いを提案した
スウィーニーはこの提案に納得せず、5万ドル(約580万円)を要請した。この金額は大学の学費を支払い、テスラ社の車を購入するのに十分といえる。マスク氏は検討を約束した。先週、同学生は考えを改め、マスク氏に、お金は必要ないのでマスク氏の企業でインターン生として受け入れてくれるよう伝えた。
マスク氏はこの件への対応について今のところ明らかにしていない。
スウィーニーは、「彼は今、ハワイで休暇中です。『イーロンジェット』をチェックしてみてください」と語った。
関連ニュース
イーロン・マスク氏 マシンの暴動を予防すると断言
テスラ 自社工場の労働力不足をヒューマノイドで解決へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала