ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

軍事侵攻をめぐる過熱報道と解釈のズレ 米ウクライナに緊張高まる=米マスコミ

© Sputnik / Стрингер / フォトバンクに移行ウクライナ
ウクライナ - Sputnik 日本, 1920, 29.01.2022
米国とウクライナの間の緊張が高まっている。ロシアがウクライナ侵攻を計画しているという情報の解釈をめぐり、双方に意見の相違があるためだ。米国政府関係者の情報をもとに28日、CNNが報じた。
CNNによると、バイデン米大統領および側近は、ウクライナ幹部が同国への侵攻について「脅威を過小評価」していること、さらに米国による支援に「特に感謝もしていない」ことに不満を抱いているという。CNNは米国政府関係者の次の発言を紹介した

「我々の問題は、なぜ(ウクライナは)米国と喧嘩しようとしているのか、にある。なぜ情報漏洩を許し、情報を捻じ曲げるのか。米国は(ウクライナにとって)ほぼ唯一の友人だというのに。なら何のために武器供与を依頼してくるのか、脅威レベルに変化はないと自身で言っておきながら」

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 28.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアのラブロフ外相 ウクライナとの戦争の可能性に関する質問に回答 
ウクライナのゼレンスキー大統領はこれより前、欧米諸国の首脳やマスコミは、明日にもウクライナで戦争が始まるような虚構のイメージを与えている、と表明した。大統領は、このような状況過熱により経済は不安定化し、安定化には40-50億(約4600-5760億円)を費やす必要があると指摘。さらに米国が大使館員をウクライナ国外に退去させている点について、不適切な対応であるとも指摘した。「これは間違った、過剰な行動であり、私たちのためにはならない」と強調した。
ここ最近、欧米諸国やウクライナでは、ロシアによるウクライナ侵攻が差し迫っていると囁かれている。一方のロシアはこのような非難を何度となく否定し、どの国に対しても攻撃するつもりはなく、「ロシアのアグレッシブ」はロシア国境にNATOがさらに兵器を配備するための口実として使われていると説明している。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала