日露関係の発展に携わっている全ての人たちに感謝=林外相

© AP Photo / Koji Sasahara林芳正外相
林芳正外相 - Sputnik 日本, 1920, 29.01.2022
日本の北海道札幌市で29日、「露日地域・姉妹都市交流年」の開会式が行われ、日露地域交流年組織委員会共同委員長を務める林芳正外相がビデオ・メッセージを寄せ、「日露関係の発展に携わっておられる全ての皆様に、心より感謝申し上げます」と述べた。2020年1月から始まった交流事業には、これまでに130万人以上が参加したという。
林外相は「露日地域・姉妹都市交流年」の開会式に寄せたビデオ・メッセージで「日露地域交流年は、これまで行われてきた日露交流の裾野を更に地方にまで広げるため、2020年から2021年にかけて実施することで、日露両国で一致したものです。 交流行事は2020年1月から既に開始していますが、新型コロナの影響を踏まえ、より多くの方々に参加していただくため、期間を2022年末まで1年間延長することにいたしました。これまで、オンラインを活用したイベントを行うなど、様々な工夫を凝らして340件以上の交流事業が行われ、延べ130万人以上の方々に参加いただきました」と述べた。
また林氏は「人と人との交流こそが、相手への理解を深め、信頼関係を築く基盤です。日本と重要な隣国であるロシアとの間には、地域間の交流の長い歴史があり、今も多くの町が姉妹都市関係などで結ばれています。これまで培われてきた交流の輪が、日露地域交流年を通じて一層広がり、日露関係の更なる発展につながることを祈念し、私の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。スパシーバ」と述べた
在札幌ロシア連邦総領事館も、同市で29日に開催された「露日地域・姉妹都市交流年」の開会式についてツイッターに投稿した。
関連ニュース
ゾルゲ遺骨、南クリル埋葬計画 「現時点でロシア側から提案は受けていない」=松野官房長官
駐日ロシア大使、北海道議会の指導部と会談、交流の深化について協議
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала