スペインで魔女狩りの犠牲者が名誉回復

© REUTERS / Mike BlakeСамолет на радиоуправлении в виде ведьмы на закате в Калифорнии
Самолет на радиоуправлении в виде ведьмы на закате в Калифорнии - Sputnik 日本, 1920, 30.01.2022
スペインのカタルーニャ自治州議会は15世紀から18世紀にかけて発生した魔女狩りにより犠牲になった女性らの「記憶を復活させる」ことを定めた決議案を可決した。
決議案では、不当に処刑された多くの女性らの記憶を広め、歴史的な正当性を示す必要性が指摘されている。同様の決議案はスコットランドやスイス、ノルウェーでも採択されてきた。
決議案によると、カタルーニャは欧州で魔女狩りの中心地だったという。魔女狩りの犠牲となった女性の多くは移民やジプシー、貧困層の女性、未亡人だったという。いずれの女性も焼き印を押され、隣人を毒殺した魔女と非難されたとのこと。魔女として処刑された女性らはいずれも、「女性憎悪の追及」による犠牲者であることが認定された。カタルーニャ自治州議会は賛成114票、反対14票、棄権6票でこの決議案を採択した。
カタルーニャでは1424年、魔女を非難する最初の法律が誕生した。歴史家らによると、カタルーニャだけで800人以上の女性が魔女として処刑されたという。
関連ニュース
ハンガリー 日本人建築家が設計した「音楽の家」がオープン
こんな場所にも雪? 各地で銀世界広がる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала