栃木 収穫直前のイチゴ「とちおとめ」約100キロが盗まれる

© Sputnik / Ramil Sitdikovイチゴ
イチゴ - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
日本の栃木県壬生町で、収穫前のイチゴ「とちおとめ」約100キロが盗まれる事件が発生した。被害金額は約20万円に上るとみられ、警察は窃盗事件として捜査しているという。日本のメディアが報じた。
NHKの報道によると、壬生町内の農家は29日午前6時半頃、所有するビニールハウス3棟から収穫前のイチゴが無くなっているのを発見した。
27日には異常はなかったため、警察は27日夕方から29日朝の間の犯行と推定。現在、窃盗事件として捜査している。
イチゴ - Sputnik 日本, 1920, 12.03.2021
東日本大震災直後に始めたイチゴ栽培 地域復興の支えに
被害に遭った農家は、「赤いイチゴだけが手摘みで無くなっていた。普通の人では無理な量で、プロの犯行だと思う」と話した。また、今後は防犯カメラなどの防犯対策を考えていきたいとしている。
関連記事
韓国で「国産イチゴ」がシェアトップ報道 これに日本から「待った」の声
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала