タリバン、100人以上の前政権関係者や支持者を殺害 国連が報告

© AFP 2022 / Noorullah Shirzadaタリバン
タリバン - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
アフガニスタンで権力を掌握したイスラム主義組織タリバン(テロ活動への加担で国連の制裁を受ける)とタリバンに関連する人物らは、同国から外国軍が撤退した後、数十人の前政府関係者、治安部隊、国際軍事部隊と協力した人々を殺害した。国連のアントニオ・グテーレス事務総長による報告書の中で述べられている。
これらの殺害事例に関し、具体的な証拠は報告書に記載されていない。
リアノーボスチ通信が入手した報告書の写本には「政府関係者、治安部隊、国際軍事部隊と協力した人々への一般恩赦が発表されたにも関わらず、国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)はこれらの人々の殺害事例、強制拉致およびその他の人権違反について信頼できる報告を引き続き受理してきた」と述べられている。
Члены движения Талибан стоят на холме Вазир Акбар Хан в Кабуле - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
タリバン、未婚の妊婦がアフガニスタンに戻ることを許可=マスコミ
文書では、2021年8月15日以来、UNAMAは100人以上の殺害報告を受けたと指摘されている。これらの報告は国連によって確実と見なされた。
また、これら報告によれば、「これらの殺害事例の3分の2以上は、タリバンや関連する人物らによる裁判なしの死刑執行だった。」報告書では、UNAMAは、ISIS(IS、イスラム国、ロシアでの表記は「ダーイシュ」、ロシア連邦で活動禁止)との関連が疑われる少なくとも50人についても、裁判外暗殺の信頼できる報告を受けたと指摘されている。
タリバンは2021年8月初旬、アフガニスタン政府軍への攻撃を活発化させ、8月15日に首都カブールに侵攻。翌日には終戦宣言を行った。8月の後半2週間、米軍の保護下にあったカブール空港から、欧米諸国民や欧米機関で働くアフガニスタン人が大量に出国した。8月31日未明、米軍はカブール空港から撤退し、20年にわたる米軍のアフガニスタン駐留に終わりを告げた。9月初旬、アフガニスタン暫定政権の閣僚が発表され、タリバンが最初にアフガニスタンを支配した当時に外交政策を担当していたモハマド・ハサン・アフンド師が首相に就任した。
関連ニュース
タリバン、ノルウェーで会談へ 人権について協議
アフガニスタン タリバン批判の大学教員、タリバンに連れ去られる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала