ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

NATO同盟国以外からの派兵要請にも応じる=米国防総省

米国防総省 - Sputnik 日本, 1920, 01.02.2022
米軍は北大西洋条約機構(NATO)の加盟国ではない国であっても、該当国との二国間合意に基づいて軍隊を欧州に派遣する用意があり、この問題についてNATO加盟国と積極的に検討を進めている。米国防総省のジョン・カービー報道官が表明した。
カービー報道官によると、派兵に向けて警戒体制に移行した8500人規模の部隊はNATO即応部隊の一部として任務にあたるという。
その他、米国は欧州に別の部隊も動員する可能性がある。カービー報道官がブリーフィングで明かしたところによると、同盟国の要請に応じて追加派兵する可能性を検討しているという。ただし、現時点において公表できる決定はないとした。
Бывший президент США Дональд Трамп на митинге в Огайо - Sputnik 日本, 1920, 30.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
他国の国境ではなく自国の国境を守れ=トランプ氏
先にジョー・バイデン大統領はNATOの東方面に向けて小規模の部隊を追加で派兵する考えを示していた。 カービー報道官はこの追加派兵について、具体的な人数や派遣元、派遣先の国に関する具体的な情報はないとコメントした。
米国からウクライナへは軍事支援が続々と届いており、2月1日には84トンの軍事物資を搭載した5機目の軍用機がウクライナに到着した。4機目の軍用機は1月28日に到着したばかりだった。 ウクライナへの軍事支援は今後も継続される見通し。
関連ニュース
対ロシア制裁は必要か? 日本の世論は2分 日経調査
英ジョンソン首相、訪日取りやめ ウクライナ情勢の緊迫化から
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала