サクソバンクが2022年の「グリーン」インフレーション継続と原油価格1バレル100ドル超を予想

© AP Photo / Charlie RiedelМесторождение нефти
Месторождение нефти - Sputnik 日本, 1920, 01.02.2022
持続可能な開発が強化傾向にあることから、2022年はエネルギー市場で価格高騰が継続するとサクソバンクのアナリストは予想する。その結果、エネルギーキャリアへの需要が同時に高まり、そのもとでの脱炭素化への志向がインフレの新たな段階を発生させ、将来的には今年の下半期に1バレル100ドル(1万1396円)超の原油価格の高騰を引き起こすことになると、サクソバンクが2022年について予想を行った。
サクソバンクの専門家、オレ・ハンセン氏が次のように予想される原油・ガス価格の高騰について解説を行った。「安定的な価格下での豊富な供給が図られた時代がこれらのエネルギーキャリアの新たな生産に対する投資削減を引き起こし、2021年に世界経済がパンデミック後に回復するとすぐ、供給が需要に追いつくことが困難となった」。また、同氏は、市場の供給は「グリーン」エネルギーへの移行の厳格な枠組みにより規制がされていると指摘する。「持続可能な発展」原則は、採掘に関連したプロジェクトと鉱石採掘の援助を銀行と一部の投資家に禁止している。その結果、容認のできないエネルギーキャリアへの大幅な価格高騰となる「グリーン」インフレーションが発生した。
サクソバンクのアナリストは、2022年のもっとも困難な状況は原油市場でつくられると警告するが、それは、採掘を早急に増加させることができ、それを望んでいる輸出国が一部でしかないことにある。その理由は、第1に長期的な需要の見通しが不透明であること、第2は、「グリーン」エネルギーの移行促進と「持続可能な発展」原則を遵守することを求め、銀行と投資家に信用規制が課されたことによる。サクソバンクは、今年後半には北海ブレント原油の価格が1バレル100ドル超となると予想する。
関連ニュース
英国 気候変動の取り組みのために原子力エネルギー拡大へ テレグラフ紙
日本は厳冬でも電力クライシスを回避可能=専門家
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала