福島原発 燃料デブリ取り出し用アームが搬入 操作訓練は2月に開始

© AFP 2022 / Philip Fong福島第一
福島第一 - Sputnik 日本, 1920, 01.02.2022
31日、福島第一原子力発電所の燃料デブリの取り出しに使用されるロボットアームが性能試験が行われていた神戸市から福島県楢葉町の施設に搬入された。NHKが報じた。
NHKによれば、このアームを使い、施設内の原発の格納容器の内部を再現した設備で燃料デブリの取り出しの操作訓練が行われる。訓練期間は2月半ばから半年間。開発した英国の技術者がリモートによる技術指導を行う。
アームの長さは伸ばすと22メートル、重さはおよそ4.6トン。日本政府と運営する東京電力は年内にも調査が最も進んでいる2号機から着手する計画。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала