ノルウェーでタリバン代表団の女性がタリバンを偽善で批判 女性は安全が保障されるまでノルウェー政府が出国を許可しないと主張

© AP Photo / Jose Luis Maganaアフガン女性
アフガン女性 - Sputnik 日本, 1920, 05.02.2022
アフガニスタン外務省・情報技術局のシンワリ局長は、ノルウェーの首都オスロでタリバン代表団の市民社会を代表する女性たちが亡命を求めたと発表し、彼らを日和見主義と批判した。一方、協議に招かれた女性の1人は、亡命を求めた事実はないと語った。
タリバン代表団は1月23日から25日までオスロを訪問した。オスロではアフガニスタンの政治家、市民活動家、ノルウェーや他の国の外交官らとの協議が行われた。シンワリ氏によると、協議に招かれた女性たちがそこで亡命を求めた。同氏は、女性や若者は亡命するために市民的自由の保護で「カモフラージュ」することがよくあると述べ、個人的な利益のために国の威信を失墜させないよう呼びかけた。
一方、協議に招かれた女性の1人で、最近行われたタリバンの政策に反対する抗議デモの参加者でもあるハダ・ハムシュさんは、亡命を求めた事実はないと述べている。ノルウェー政府がアフガン帰国後にハムシュさんに起こりうることに懸念を表明し、タリバンから安全に関する保証を得るまでハムシュさんの帰国を許可しないという。
ハムシュさんは「私は亡命者にはなりませんでした。亡命を申請する予定はありません。必要な保証を得るまでノルウェー政府の要請で同国から出してもらえません」と説明した。
以前ハムシュさんはSNSで、タリバンは「凍結されている資金を手に入れるために外国での協議で自分たちの良い面を見せようとしている。しかし、タリバンはいずれにしてもタリバンであり、武器、投獄、暴力、弾圧以外の言語を知らない」と批判した。
関連ニュース
アフガン首都 女性らが米国に抗議 凍結された自国の資産返却を要求
アフガン メディアで働く女性に制限 男性と放送も人込みからの取材も禁止
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала